鹿児島大学

稲盛アカデミー新着ニュース

2019.03.31

2019.02.25

2019.02.25

2019.02.25

2019.02.25

2018.03.19

2018.02.11

2017.10.23

2017.08.09

2017.06.05

2017.03.11

2017.01.23

2017.01.23

2016.09.26

2016.08.23

2016.06.17

2016.04.04

2016.04.04

2016.02.23

2016.02.23

2015.12.11

2015.09.19

2015.09.12

2015.06.25

2015.06.25

2015.05.11

2015.05.11

2015.03.17

平成31年3月16日に、履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第7期)修了式を開催しました。

平成31年2月2日に、第6回稲盛アカデミー公開シンポジウムを開催しました。

平成30年11月15日に、第34回京都賞受賞者を囲む鹿児島コロキウムを開催しました。

平成30年9月8日に、履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第7期)開講式を開催しました。

平成30年8月25日~9月1日に、学生海外研修「進取の精神海外研修inベトナム」を実施しました。

平成30年3月17日に、かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第6期)修了式を開催しました。

平成30年2月11日に第5回稲盛アカデミー公開シンポジウム「地域産業・中小規模組織と稲盛経営哲学」を開催しました。

平成29年9月23日に、かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第6期)開講式を開催しました。

かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第6期)受講生募集は終了しました。

かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第6期生)募集

平成29年3月11日に、かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第5期)修了式を開催しました。

平成28年11月15日に、第32回京都賞受賞者を囲む鹿児島コロキウムを開催しました。

平成28年9月30日に、第4回稲盛アカデミーシンポジウム「稲盛フィロソフィは、なぜ社会を動かせるのか」を開催しました。

かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム 「稲盛経営哲学プログラム」(第5期) 開講式を開催しました

かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第5期)受講生募集は終了しました。

かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第5期)受講生募集

平成28年3月28日に、平成27年度稲盛アカデミー諮問会議を開催しました。

平成28年3月19日に、鹿児島大学履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第4期)修了式を開催しました。

平成28年2月14日に「経営哲学の浸透~JAL再生を題材として~第3回稲盛アカデミー公開シンポジウム」を開催いたしました。

第3回稲盛アカデミー公開シンポジウム募集は終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

第3回稲盛アカデミー公開シンポジウム 「経営哲学の浸透―JAL再生を題材として―」のご案内

かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第4期)開講式を開催

第2回稲盛アカデミーシンポジウムを開催

かごしまルネッサンスアカデミー履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第4期)受講生募集

第2回稲盛アカデミー公開シンポジウム 「経営哲学の浸透―JAL再生を題材として―」のご案内

平成26年度稲盛アカデミー長諮問会議を開催

ベトナム社会科学院東アジア研究所長及び稲盛アカデミーベトナム事務所客員教授が稲盛アカデミーを訪問

平成27年2月15日に「経営哲学の浸透~JAL再生を題材として~第1回稲盛アカデミー公開シンポジウム」を開催いたしました。





鹿児島大学 履修証明プログラム
「稲盛経営哲学プログラム」第8期生募集

「稲盛経営哲学プログラム」は、社会人を対象に、「稲盛経営哲学」を学んで頂くことにより、進取の精神を涵養し、経営者や地域社会のリーダーとして活躍する人材を育成していくことを目的に、開講しております。 本プログラムでは、『稲盛経営哲学の成り立ち』、『稲盛和夫の歩み』、『稲盛和夫の経営問答』、『実学―経営と会計―』、『アメーバ経営論』、『実践経営論』、『稲盛フィロソフィ』の7つの科目について、計90時間の講義を体系的に学んで頂きます。 第8期も、毎年度好評の『実践経営論』を引き続き開講し、実際の経営の現場で活躍されている方からの講義を計画し、稲盛経営哲学の理論と実践の両面について学んで頂ける充実した内容となっております。また、稲盛アカデミー客員教授による『稲盛フィロソフィ』では、全国の稲盛研究の最高峰の方々にそれぞれの立場から講じて頂きます。 定められた修了要件を満たした方には履修証明制度のもと、「履修証明書」を交付します。

  • *プログラムの詳細は、下のバナーから募集要項をダウンロードしてご確認ください。
  • *プログラムに関するご質問等は、下記のお問合せ先にご連絡ください。
  • *募集案内チラシはこちら

開講期間

  • 令和元年9月7日(土)~ 令和2年2月15日(土)
    (土曜日6時間×15日 計90時間)

募集人数

  • 40名(定員を超える応募があった場合は選考を行います)

受講料

  • 41,160円
  • その他、実習等に係る保険料等をご負担頂く場合があります。
  • 車での通学(本校への入構)を希望される場合は、別途実費(7,669円)負担となります。
    (鹿児島大学交通規則に基づく審査を経て、入構証及びパスカードを発行します)。

申請期間

  • 令和元年6月6日(木)~令和元年8月6日(火)必着

申請方法

(1)申請書類の入手方法
募集要項及び申請書類は以下のバナーからダウンロードできます。
なお、事務室にお問い合わせいただければ、募集要項及び申請書類一式を送付いたします。


募集要項・申請書類(PDF形式) 募集要項・申請書類(WORD形式)

(2)申請方法
申請書類の提出方法は、郵送(簡易書留)のみといたします
※令和元年8月6日(火)必着です。

お問合せ

鹿児島大学稲盛アカデミー事務室
Tel: 099-285-3751  E-mail: inamori@kuas.kagoshima-u.ac.jp
8時30分~17時15分(土日・祝祭日は除く)

稲盛和夫 私は、1955(昭和30)年鹿児島大学を卒業し、1959(昭和34)年に京セラを創業しました。1984(昭和59)年には、現在のKDDIの母胎となったDDIを創業しました。また、2010(平成22)年には、政府の要請により、日本航空会長に就任して、同社の再上場、及び再建を果たすことができました。幸運なことに、現在では3社とも、日本を代表する企業として高く評価されています。
 鹿児島大学を卒業後、まさにゼロから出発した私が、技術者として、また経営者としてこのような実績を生み出すことができましたのは、鹿児島大学における先生方の素晴らしいご指導の賜物であると、私は心から感謝しています。
 その私の母校に、「稲盛アカデミー」が発足しました。私も常日頃より、日本経済の活性化のためにも、鹿児島から熱意溢れるリーダーが輩出してほしいと考えていましたので、心より支援させて頂いております。
 この「稲盛アカデミー」にて学んだ若者達が、ベンチャー精神に燃え、素晴らしい社会のリーダーになっていかれますことを、そしてまた、鹿児島大学の名声をさらに高めていかれることを、私は心から期待しています。



 稲盛アカデミーは稲盛経営哲学・稲盛哲学(稲盛フィロソフィ)をコアバリュー(基本価値)に置き、これに基づく教育研究と社会連携・地域貢献に努めます。
 稲盛フィロソフィは人を動かし、組織を動かし、社会を動かしています。企業倫理の立場から稲盛経営哲学を研究し、当アカデミー客員教授も務める髙 巌先生は「(第三の)社会哲学」と位置づけています。稲盛和夫鹿児島大学名誉博士は1959年に京セラ、1984年にDDI(現KDDI)を創業され、2010年から日本航空を3年足らずの間に再建されました。また、1984年に稲盛財団を設立されるとともに、1985年には科学や文明の発展、また人類の精神的深化・高揚に向けての創造的な活動を讃える国際賞、「京都賞」を創設されました。企業家のための経営塾「盛和塾」はもはや世界にウイングを広げています。これら全ての偉業に通底する稲盛フィロソフィを探求・研究し学生に分かち伝え、社会に発信することが稲盛アカデミーの使命です。鹿児島大学の学生は偉大なる稲盛先輩の同窓生として学生生活を送るという得難い学びの環境にあります。
 そのため稲盛アカデミーは学生に対する、また社会人に対する短期及び長期のプログラムを展開します。また、その基盤を構成するアカデミアを実現します。ただし、このことは学内各部局はもとより、京セラ株式会社、公益財団法人稲盛財団、盛和塾、立命館大学稲盛経営哲学研究センター、鹿児島大学同窓会連合会、そして地元鹿児島県及び関係諸機関によるご支援なくしては到底かないません。こうした皆様との協働によって稲盛アカデミーのミッションを果たしていきます。

稲盛アカデミー長 武隈 晃